食物繊維 サプリメント

食物繊維とは

サプリメントや野菜を食べて、食物繊維をしっかり摂取しようという人はたくさんいます。食物繊維には、血糖値を抑えたり、便秘を解消する作用があるといいます。昔の考え方では、食物繊維は食べ物のカスであり、体内に取り入れても何の効果もないものだと思われていました。植物や海草類の細胞壁などで構成される食物繊維は、人間の消化能力では消化できないもののことです。食物繊維は果物や海藻に多いだけでなく、いもや野菜にも含有されています。たけのこやごぼうが代表格です。以前は、日本食には野菜や玄米が多く、人々はそれと意識せずに食物繊維を摂取していました。ただし、近年の食事は日本食ばなれの影響もあり、食物繊維は減っています。大麦のような雑穀が食卓にのぼることは滅多になくなりましたし、肉や乳製品が多く、穀物の摂取量が減ったことが、大きな変化です。多くの日本人が、男性は1日19g、女性は1日17gという食物繊維の1日あたりの摂取量をとりきれていないようです。サプリメントで食物繊維を補給するという方法があります。10代から40代は食物繊維が特に少ないと言われていますので、気をつける必要があります。4〜5gの食物繊維が含まれているサプリメントが、市販品では多いようです。食物繊維の補給は食事からできればそれにこしたことはありませんが、サプリメントでの補給もできます。

食物繊維サプリメントの選び方

サプリメントで食物繊維を摂取する場合、商品選びに迷ってしまいがちです。何を基準に選択するといいでしょう。食物繊維には不溶性と水溶性があり、性質が異なっています。腸を内側から刺激し、有害物質や老廃物の排出を促すのは、穀物に多く含まれる不溶性食物繊維です。果物や海草類に多い水溶性の植物繊維はねばねばしており、糖の吸収を遅らせる働きがあります。人間の体に必要な食物繊維は両方で、どちらか片方に偏ってはよくありません。サプリメント選びでも両方を選べるものにしましょう。普段の食事でどのくらいの食物繊維が補給できているかを把握し、バランスを調節するためにサプリメントを使うというやり方もあります。幾つかの栄養成分と食物繊維を複合させることで、便秘の症状を緩和させることができます。食物繊維は、便を柔らかく、大きくする作用があります。ただし、便秘を改善するためには、腸の働きが活発になるように働きかける必要があります。腸の消化力を高めるために、乳酸菌やオリゴ糖など腸の善玉菌になる成分を補給することは重要になります。オリゴ糖を摂取することで、腸内のビフィズス菌が多くなり、腸がよく動くようになります。乳酸菌を同時に摂取できる食物繊維サプリメントもありますので、ぜひ探してみてください。

食物繊維サプリメントの重要性

食物のカスで、体には必要ないものと言われていた時代もありましたが、今は食物繊維はサプリメントも出ています。健康維持に効果があることがわかってからは、食物繊維は1日にどのくらい摂取する必要があるかも明確になりました。食物繊維の摂取量が減っていることが、目下の日本の食卓の懸念事項です。食物繊維のサプリメントは、食事だけで食物繊維不足になりやすい人が利用しています。食物繊維には、不溶性と水溶性とがあり、どちらか一方に偏らないように気をつけなければいけません。食物繊維を含む食材は多く、豆類、緑黄色野菜、海草類など様々ですが、毎日の食事で必ず確保するのはなかなか大変です。コンビニの弁当や、外食をする機会がとても多いという方もいます。主食にご飯を食べない人も多いことから、食物繊維の摂取量を確実なものにするのは難しいでしょう。効率的に、間違いなく栄養摂取ができるところがサプリメントの利点です。持ち歩き安く、保存も容易なので、食物繊維を確実に体内に補給したいという人向けです。サプリメントなら、これから飲む食物繊維が水溶性なのか、不溶性なのかもすぐわかります。ただし、サプリメントだけで食物繊維を補給しようという考えはやめましょう。食物繊維はできるだけ毎日の食事で確保し、どうしても足りない量をサプリメントで補給することです。

 

サイトマップ